テレクラを使って熟女と出会う方法

deep+

アプリの特徴

登録は無料ですが実際に利用するにはポイントを購入する必要があります。
出会いにおいて便利な機能が満載のアプリで、年代も20代~60代の幅広い年代の利用者がいるのが人気の理由です。
ポイント購入前に無料お試し期間があるので実際に使ってみて気に入ったのならポイントを購入することもできるので安心してご利用になれます。

料金 ポイント制 男女比率 男性60:女性40
年齢層 20代~60代の男女 ジャンル アダルトな出会い希望の方

PCMAX《18禁》

アプリの特徴

10代から20代の男女の利用がひじょうに多いため、実際に熟女の方と出会う確率は比較的低くなります。
しかし、老舗の出会い系サイトが提供しているアプリなので以前から利用している女性の利用者も多いのが現状のようです。
熟女の女性と出会うためのアプリというよりも多くの出会いをすぐに体験し、すぐにエッチにつなげる交渉がしやすいのが特徴です。

料金 ポイント制 男女比率 男性45:女性55
年齢層 10代~40代の男女 ジャンル 即会い・即エッチ向け

愛カツ

アプリの特徴

エッチな出会いを専門にした出会い系アプリです!
男性会員はポイント制になっていますが、女性の会員は完全無料でご利用できるため意外と女性利用者が多いのが特徴です。
大人同士の濃厚な関係を築くためにオススメの出会い系アプリではありますが、エロ重視の書き込みにはあまり反応が薄いようです。

料金 ポイント制 男女比率 男性50:女性50
年齢層 20代~50代の男女 ジャンル セフレや不倫など

LOVE

アプリの特徴

アプリ内で割り切った大人の出会いを希望する人が多いのが特徴で、男性よりも女性会員のほうがわりとガツガツしている印象があります。
その日限りの出会いを求めている書き込みがあれば実際にその日のうちに会ってエッチも可能なのが人気の理由でしょう!

料金 ポイント制 男女比率 男性40:女性60
年齢層 10代~20代後半の男女 ジャンル エッチ目的の出逢い

すでに80年代からの歴史があるテレフォンクラブ、いわゆるテレクラですが、実は最近になって熟女たちの間で再びブームになり始めているのをご存知でしょうか?
かつて若いころにテレクラを楽しんでいた女性たちで、特に婚期を逃したなどの事情で寂しさや焦りを紛らわすために、テレクラに戻ってきているんです。

なぜ、熟女はテレクラを利用するのか?

テレクラを利用する熟女昔テレクラを利用していたことのある熟女たちの声によれば、「直接会話できる方が安心できる」というのが主に、テレクラ人気の理由のようです。
ネットでは虚偽の情報が多く、最近の出会い系やSNSに慣れていない熟女には特に不安が大きいものです。
だから、昔使い慣れていたテレクラでより確かに相手の人となりを知ってからの方が、安心して出会えるという考えがあるのでしょう。

テレクラに登録してみよう

出会い系やSNSとは違って現在では、テレクラに不慣れな人の方が多いですが、登録方法は簡単です。
まずは、参加したいテレクラサービスの受付番号に電話をかけて、音声案内にしたがってプッシュしながら個人情報を登録していくだけです。
このとき、サービスごとに用意されている特別なコードを入力すると、テレクラ利用時に使えるポイントが数千円分もらえることがあります。
事前に、プレゼントコードが公開されていないか調べておくとお得ですね。

各サービスの活用方法

  • ツーショットダイヤル
    ツーショットダイヤル熟女と1対1でテレフォンエッチが楽しめる、テレクラで一番人気のあるサービスです。
    慣れるまでコツがいりますが、わざわざ会わなくてもすぐにエッチな雰囲気を楽しめるのがポイントです。
    ここで仲良くなった流れで、そのまま連絡先の交換や会う約束も可能です。
  • プロフィールダイヤル
    プロフィールダイヤルテレクラでの自己紹介サービスになります。自分の年齢や趣味といった基本情報から、出会いの目的、自己PRを音声メッセージとして他の会員に公開することができます。
    このプロフィールを聞いた熟女の方から連絡が来るチャンスもあるので、必ず利用しておきたいサービスです。
  • 伝言ダイヤル
    伝言ダイヤル留守電機能のようなもので、プロフィールをチェックして気になった熟女に対して伝言を残しておくことができます。
    知り合うきっかけとしては欠かせないサービスですね。
    どこかに連れ出してもらって遊びたがっているような熟女を見つけたら、すかさず伝言を残しておきましょう。
    たまに、若い女性から合コンのお誘いが来ることもあるので気分転換にもおすすめです。

テレクラ以外の出会いの場

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ